Entertainment

Robloxアカウントのプライベート設定とは?安全に遊べる方法を紹介

※アフィリエイト広告を利用しています

Entertainment

子どもたちも遊べるゲームがたくさん展開されている今注目のRoblox。
安心して子どもを遊ばせるためには、適切な設定が必要です。
小さな子どもが一人で遊んでも安心できるよう、最適なプライベート設定について我が家のケースも交えてご案内します。

Robloxが行っている子供への対策

子どもが安心して遊ぶためにできる設定についてご案内します。初めてRobloxの世界で遊ぶ子どもたち、初めてオンラインゲームをする事となるケースも多いでしょう。まだオンライン上でのルールについて理解できない場合、親が監視できるようなシステムになっています。

保護者コントロール

https://web.roblox.com/home

Robloxのデフォルトでは、13歳未満のユーザーにはより厳しく設定されています。さらに追加で設定する場合には、設定(歯車のアイコン)からペアレントコントロールへ移動します。

・チャットやメッセージの無効
・年齢に応じた体験へのアクセスを制限
・Robloxのゲーム内通貨で使用できる金額の月間制限

の設定ができます。その際、設定を変更する際に4桁のコードを要求するアカウントPINを有効にすることができます。そのため、子供が自由に設定を変更することができません。これらの機能は、幼い子供やまだ慣れていないプレイヤーに使用することをおすすめします。

Robloxが推奨しているアカウント設定

ここでは、具体的にRobloxで設定可能なアカウント設定についてご紹介します。

アカウント情報

https://web.roblox.com/my/account#!/info

保護者のメールアドレスを設定しましょう。
これにより、何か設定をした場合などが起こった場合、保護者宛にメールが送られます。

セキュリティ

https://web.roblox.com/my/account#!/security

ログイン時に親が認証しておきたい場合に使用する設定です。
これを「ON」にしておくと、ログイン時にはコードの入力が求められるようになります。
非常にセキュリティレベルは高いですが、ゲーム開始時に親の関与が必ず必要になりますので、注意してお使いください。

●二段階認証

アカウントにメールアドレスを登録しておくと、パスワードを忘れたときにパスワードをリセットしたり、2段階認証(2SV)機能を使ってアカウントを保護できます。また万が一の際の問い合わせに対応しやすくなったりするなどのメリットがあります。
例えば、今まで接続したことがない機器でログインした場合、コードの入力が求められます。「メール」をONにして2段階認証(2SV)を有効にすると、パスワードが漏洩してしまった場合でも他の人がそのアカウントにログインできないようになります。

・Google認証システム
・Microsoft Authenticator
・Twilio Authy

これらはスマートフォンに「認証システムアプリ」を入れて、発行される「ワンタイムパスワード」を入力するシステムです。
より高いセキュリティシステムが適用されますが、子ども自身が設定するのは少し困難な作業になりますので、注意してください

sumire
sumire

毎回ログインの度に行うのは大変なのでOFFにしています

課金している方はON推奨です

プライバシー設定

他のプレイヤーとの関わりに関する設定が行える項目です。

●アカウント制限

アカウントを「有効」とすることで

・子供が遊べる体験の種類
・アカウントでのチャット
・アカウントの連絡先のロック

を制限することができます。

オンになっている場合、連絡先設定は個別に調整することができず、一括設定です。そして、アプリ内または体験内でチャットしたり、電話番号でアカウントを検索したりできなくなります。さらにRobloxによって適切であると確認された事前承認リストにある体験のみのプレイに制限されてしまいます。
軽度の戦闘シーンが含まれる場合もありますが、それほど暴力的ではなく、銃は使用されない体験限定であり、業界標準に基づいて設定されています。
アカウント制限が有効になっている場合でも、すべての体験を表示することがありますが、リストに記載されていない体験をプレイすることはできず、「アカウント制限の設定により体験が利用できない」というメッセージが表示されます。

sumire
sumire

オフラインゲームのように遊ばせたい場合は無効化しておくとOK。

Youtubeなどでアップされているゲームは制限されていることが多いので、我が家は解除しています。

保護者コントロール

保護者コントロールでは、子供がどの体験にアクセスできるかを調整するのに適切な設定を選べます。

●保護者のPIN

保護者のPIN(4桁の番号)を設定することで、子どもが勝手に設定を変更できなくなります。
例えば、課金額を決めておいたのに自分で制限を変更する…といったことが不可能です。
必ずPINナンバーを設定し、子どもが自分の意志で変更するだけではなく、分からずに変更してしまうのを防ぐようにしましょう。

●許可された体験

・13歳以上(13歳以上が対象)
・9歳以上(9歳以上が対象)
・全年齢対象(すべての人に適しています)

年齢ガイドラインを設定できます。
子供の年齢に合わせた設定にするのが良いでしょう。
ただし、9歳以上に設定した場合、かなり多くののゲームに制限が生じてしまいます。
そのため、子どもがやりたいと思っているゲームにたどり着けない可能性もありますので、ゲームの内容を確認しながら設定を変更するのが良いでしょう。

sumire
sumire

我が家の子どもは6歳ですが「13歳以上」に設定しています。

「9歳以上」にしたら遊べるゲームが非常に少なかったです

●毎月の使用額限度

オンラインゲームで親が心配する重大事項の一つが「課金」です。
Robloxでは、13歳未満のユーザーはアカウント上で毎月使用可能な金額を制限することができます。
例えば「1ヶ月500円まで」というような設定にしておけば、毎月500円分までの課金が許可され、それ以上は使えなくなります。
または「0円」にしておけば、1円も課金できませんので、完全に無料で遊ぶことが可能です。
この設定を変更するのにも「保護者のPIN」を設定しておけば子どもが自由に変更できませんので安心です。

sumire
sumire

我が家は0円にしているので、子どもが課金ボタンを押したとしても全く課金されていませんよ!

●使用通知

13歳の子供の場合、子どもが課金要素を行った場合、保護者のメールアドレスに通知が届くシステムです。
13歳以上のデフォルト設定の場合、課金額が高い場合に通知が届きます。これは念のため有効化しておくと、課金のタイミングを認知できるので便利です。

子供に教えておくべきこと

ここでは、Robloxで楽しむためにゲームを始める子供に教えておくべきことをご案内します。

無料で●●を手に入れることができます!という詐欺に気をつけること

よくある手口として、アカウントの詳細と引き換えに賞品や無料のRobuxを得られるというものがあります。
公式が行っているプロモーションは、ブログやメッセージ欄の「通知」タブ、またはサイトのトップにあるバナーで告知されることになっています。
サイトに誘導してユーザー名やパスワードを盗むために行われているため注意が必要です。

ログインは公式サイトと公式アプリだけにすること

ログインはroblox.comの公式サイトやRobloxの公式アプリのログイン画面でのみ入力するようにします。ログイン情報を他のサイトで要求された場合、安易に入れないようにしましょう。

ブラウザの拡張機能に注意すること

Robloxはブラウザの拡張機能を作成しておらず、公式のRobloxブラウザ拡張機能はありません。
子供だけが使用する場合には、サードパーティの開発者が公開しているブラウザ拡張機能を使用するのは避けましょう。

まとめ

子どもも親も安心・楽しく遊ぶために、ロブロックスの設定をしっかりしておくようにしましょう。ただし、設定を厳しくしすぎると遊べるゲームが非常に少なくなってしまうので、子供の興味やレベルに合わせて調整してあげることがポイントです。
我が家も子どもが一人で遊んでいますが、課金やセキュリティの問題なくゲームができています。楽しい世界が広がっていますので、ぜひ調整してあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました